平成18年5月28日開催!東京龍馬会 第39回:史跡探訪「旧幕臣が夢の跡」


5月28日、朝からはっきりとしない天気の中、東京龍馬会・第39回史跡探訪が予定通りに実施されました。『旧幕臣が夢の跡』と銘打った今回の史跡探訪。まずは、竹橋の「一橋邸跡」の石碑から「北の丸公園」を目指し、近年、幕末維新の石碑が次々と出来た「目白通り沿い」に脚を運んできました。



2006年5月28日(土)
前日から降り始めた雨が止むかどうか冷や冷やしていましたがインターネットの天気予報通り、集合時間には、雨が上がりました。
前回の花見同様、東京龍馬会のイベントは、天候には、恵まれています。みなさんの日頃の行いが良いのか、はたまた龍馬さんのなせる技なのか!

徳川慶喜屋敷跡 一橋邸跡

0605shiseki-img01

さて、今回は、地下鉄竹橋駅に集合後、一橋邸跡の見学です。
一ツ橋の地名の由来は、家康入府時に、大きな丸太橋を架けられたところからこの地名がつけられたそうです。また、一橋家の発祥は徳川八代将軍「徳川吉宗」の時に創られた御三卿の一つです。
幕末、最後の将軍「徳川慶喜」が一橋家から出ました。
とは、言っても、慶喜は、水戸徳川家の七男ですので、水戸家から一橋家へ養子に入っています。

徳川慶喜については、司馬遼太郎著の「最後の将軍」をお薦めします。慶喜も数奇な運命をたどりますが、「最後の将軍」を読むと、幕末の幕府側の様子がよくわかる小説でもあります。

白北川宮能久親王銅像

0605shiseki-img02

一橋邸跡から、竹橋を渡って白川能久(よしひさ)親王銅像を見学。この親王も数奇な人生です。公家でありながら、彰義隊に連ね上野戦争で、官軍と戦います。その後、仙台にて降服。明治2年に赦され、その後、陸軍に籍をおき近衛師団長にもなっています。

品川弥次郎像、大山巌像、大村益次郎像

清水門付近で、昼食をとり、品川弥次郎像、大山巌像、靖国神社の大村益次郎像と見学しました。私は、司馬遼太郎著「花神」の主人公大村益次郎こと村田蔵六も好きな幕末の人です。

0605shiseki-img03

話しは、脱線しますが、大阪出身の私は、益次郎が学んだ緒方洪庵の「適塾」、洪庵の墓の隣にある益次郎の足塚、益次郎終焉の碑(旧陸軍病院)なども探訪したことがあります。
適塾の近くには、福沢諭吉の生誕地もあります。

山田顕義像

0605shiseki-img04

最後に、山田顕義像を見学。山田顕義は、松下村塾出身で、防長四境戦争、箱館戦争、西南戦争で活躍しています。明治政府では、司法大臣を務め、最後は、教育に力を注ぎました。

最後に、説明をしてくださった菊池幹事にお礼申し上げます。今回は、手書きの資料でしたが、参加された方からは、無味乾燥なワープロの資料より、手書きの方が、暖かみがあると好評でした。

今回もいつものように、懇親会があり、多いに盛り上がりました。

レポート:小名泰裕

平成17年9月17日開催!東京龍馬会・ソニー坂本龍馬研究会 合同研究発表会

sony-ryoma
‘05.09.17@横浜市開港記念会館

sony-bar

sony-ryoma-01

最初にスペシャルゲストの土居先生のスピーチをいただいたあと、一番手は、東京龍馬会の渡邉幹事。勝海舟の日記を全編調べて、龍馬がいつごろ、どんなことで海舟の日記に登場するのかを綿密に調査した、力のこもる報告でした。
龍馬が初めて海舟の日記に登場するのは文久2年の大晦日。以後飛び飛びに書かれているものの、2年後の元治元年8月での記述を最後に龍馬の消息は途切れ、あとはいきなり慶應3年12月に後から聞いた話として龍馬の死が書かれているだけ。計16回にわたるものだということです。日記の内容を深く読み込んでいくと、これからも興味深いことがわかりそうな、先が楽しみな研究でした。

sony-ryoma-02

次は、ソニーから池田裕明氏の「時代を創った人々の言葉」。ソニーの創業者・井深大氏と盛田昭夫氏の言葉と、龍馬の言葉を比較することによって、激動期の人間の生き方のようなものがわかるのでは?という趣旨の発表でした。ソニーの関係者ならではの視点です。
人間観、死生観、リーダーシップ…どれをとってみても、彼らのあいだで驚くほどの共通点があることが示され、あらためて変革者の精神というものは、時代が多少ずれようが根本はそう変わらないものなのだと改めて思わされました。

sony-ryoma-03

三番手には、東京龍馬会から菊池幹事。今年、亀山社中誕生140周年ということで、少し「商売」というものに焦点をあてて幕末史を見てみよう、という趣旨でした。
龍馬も含めた亀山社中の人々は、当時海軍力を増強したかった薩摩藩のお預かり浪士の身分で、もっぱら薩摩藩の物資輸送に従事していたのを、慶應3年7月に今でいう「株式会社」に近い形で「土佐海援隊」に移行していくわけですが、実は彼らよりもさらに先見の明があったのが小栗上野介であったという話。日本最初の株式会社「兵庫商社」を設立したのは同年4月のことでした。

sony-ryoma-04

そして、ラストを締めくくるのはソニーの古居素直氏の「龍馬のキャラクターイメージに関する研究」。全国の龍馬ファンは、いったいどんなイメージを龍馬に持っているのか探るため、ウェブ上でアンケートを募り、アメリカの性格分析法を駆使して結果を分析した、本格的なものでした。
結果は、予想通り(?)かなりのばらつきがあり、特に偏りはみられなかったというものでした。これは、アンケートに応じた龍馬ファンそれぞれが「なりたい自分」のようなものを持っており、それを龍馬のイメージに求めているからではないかというお話を伺いました。

sony-ryoma-05
さすがはIT産業の雄だけあって、そのプレゼンテーションの素晴らしさに感服。歴史研究の場でも、こういった先端機器を駆使していけば、どんなに面白く研究を聞けるか…ソニーの方々のいっそうの取り組みを期待したいところです。
それと、皆川幹事の手際の良さで、おやつに味わった「幕末あんぱん」。どちらかというとパン生地よりは、丁寧に作られたアンコのおいしさがお腹に沁みました。
発表会のあとは、横浜中華街に移動して懇親会。おいしい中華料理に舌鼓を打ち、お酒を片手に語ればもうお友達♪
次の再会を約束して、夜空を見上げれば美しい中秋の名月。
ソニー坂本龍馬研究会の皆様、そして東京龍馬会幹事の皆様、すばらしい出会いをありがとうございました。今回は参加を見送られた方も、次回はぜひおいでください。

レポート:柳澤京子

sony-ryoma-06横浜市開港記念会館

sony-ryoma-07土居晴夫先生

sony-ryoma-08懇親会

平成17年7月30日開催!日野新選組同好会と東京龍馬会の交流イベント

hinoshinsengumi
「龍馬、危機一髪!-寺田屋遭難事件顛末-」阿納裕次郎氏(東京龍馬会代表幹事) ‘05.07.30

hino-bar

7月30日(土)東京龍馬会交流の一環として「日野新撰組同好会」と「日野よさこい祭り」に参加しました。

 7月30日(土)、日野新選組同好会の7月例会にて、東京龍馬会の阿納裕次郎代表幹事が講演をおこないました。
日野新選組同好会さんからは、NPO京都龍馬会の赤尾理事長を通じて、今年5月8日開催の第8回「ひの新選組まつり」においてメインイベントとなる新選組パレードで、龍馬役となってパレードに参加する大役のお話を打診され、東京龍馬会の和田一浩さんが、一日龍馬になりきってパレードに参加した経緯があり、今回の交流イベントに至りました。

2005年7月30日(土)

7月30日(土)「日野新撰組同好会」との交流の一環として、幹事有志と「日野よさこい祭り」に参加しました。参加者7名(阿納・菊池・和田・寺石・松野・南雲・斎藤)
hino-02

全員がステージに上り、東京龍馬会の紹介をして戴き、阿納代表幹事が挨拶を述べました。

hino-03

その後市民会館3階会議室に移り、15時30分から阿納代表幹事の講演が始りました。
テーマは「龍馬危機一髪・寺田屋遭難事件の顛末」と題して、龍馬タイムズや持参した資料、更に模造刀迄持込んでの中身の濃い内容に皆、真剣に聴き入っていました。
最後は、昼食を摂った局長峯岸氏の店、池田屋で「日野新撰組同好会」と「東京龍馬会」の懇親会で、幕末談義に尽きぬ時間を惜しみつゝ、本日の交流会の終演となりました。
今回は小林正直会員に最初から最後迄お付合い戴き、大変御世話になり有難う御座居ました。
レポート:斎藤嘉嗣