平成31年4月21日(日) 東京龍馬会 春の史跡探訪

東京龍馬会 第64回史跡探訪のご案内

~~春の江戸城を巡る~

今年の史跡探訪は例年より1ヶ月早めて4月に行うことになりました。
平成最後のこの春に今では皇居といわれ親しまれている江戸城を散策致します。
ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご参加下さい。

歩いた後は、毎回お楽しみの懇親会(別途申込・会費別)も予約しております。
お酒を傾けながら一緒に歴史を語り合いましょう。

非会員の方も参加出来るイベントです。
ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご参加をお待ちしております。

※案内状(PDF)のダウンロード(別ページが開きます)⇒ 第64回東京龍馬会史跡探訪案内状

史跡巡りについて
日時 平成31年4月21日(日)
※少雨決行します。
集合・
受付・
出発

集合場所: 東京メトロ東西線 竹橋駅 1a 出口

受付時間: 12時30分~13時00分
※時間厳守でお願いします。
※当日不参加および遅刻の際は必ず緊急連絡先までご連絡ください。

出発時間: 13時00分

解散 解散場所: 福井藩邸跡

 

解散時間: 16時30分頃予定
当日のスケジュール
1 北桔橋門(キタハネバシモン) 登城
2 書陵部
3 天守台 (集合写真)
4 石室(イシムロ)
5 富士見多聞
6 松の大廊下跡
7 富士見櫓 (休憩)
8 百人番所 (集合写真)
9 三の丸尚蔵館 大手門より下城
10 将門塚
11 福井藩邸跡
※歩きやすい服装・履き慣れた靴でご参加下さい。
 
参加費

●会員…2,000円 非会員…2,500円(資料代・写真代を含む)

※お釣りのないようにご用意をお願いします。

お申込について
お申込方法
※申し込み方法
・「東京龍馬会会員」と「ご案内を郵送させていただいた方」
⇒同封のハガキにて必要事項をご記入の上、ご返送下さい。
・「非会員の方」
⇒下記「申込フォーム」のタイトルに「史跡探訪 参加希望」とご記入の上お申込ください。
FAXでのお申込を希望される方は申込フォーム内の項目を記載の上、事務局宛てに送付ください。
****************************************
<事務局>
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-1-119
東京龍馬会 事務局
FAX 03-3207-0914
****************************************
※申込み期限
4月13日(土) まで (ハガキも同日必着厳守)
キャンセルなどの

 

緊急連絡先
申込フォーム内へ入力されたメールアドレスへ代表幹事(修行)と副代表幹事(後藤)の連絡先をご連絡いたします。
緊急連絡先有効期間は4月21日(日)当日までです。
当日朝のキャンセルについて
雨天でも決行いたしますが、体調不良・急な御用事・天候不順などで、当日の朝に
キャンセルされる方は、緊急連絡先「後藤副代表幹事・修行代表幹事」へご連絡下さい。
懇親会へお申込み済みの方は、飲食店のお料理の予約の関係で、キャンセル料(懇親会会費分のみ)が発生致します。
夜の懇親会のご案内
史跡巡りの後は、疲れた足を癒しながら、お酒を飲んで楽しく語り合いましょう♪
初めての方も大歓迎の和気藹々とした楽しい懇親会ですので、安心してご参加くださいませ。
懇親会のみお申し込みの方も下記申込フォームからその旨記載の上、お申込みをお願いします。
数日中に担当よりフォーム内でご指定頂いたメールアドレスへ御連絡致します。
懇親会会場 「素材屋 八重洲店」 JR東京駅 
住所 中央区日本橋 2-3-21 八重洲セントラルビル B1F 八重洲北口
地図  (クリックすると別ページへ表示されます)
電話番号 03-5205-2370
時間 17:00~20:00
会費 4,000円
お申込のキャンセルについて
・懇親会は予約制です、定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。
・キャンセルをされる方は4月19日(金)までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルは、後日料金を請求させて頂きますのでご注意ください。
※連絡先は申込いただいた際の返信メールにてお伝え致します。
お申込フォーム

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須)

年齢

懇親会の参加希望
参加不参加

ご意見ご要望をご自由にお書き下さい。

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 

「坂本龍馬史跡ガイド」のご案内

東京龍馬会顧問山村竜也先生監修のもと、当会会員をはじめ作家・歴史研究家・ 御子孫など45名が、全国各地の坂本龍馬ゆかりの地約100か所を、写真と解説で わかりやすく紹介したガイドブックを発刊いたしました。勝海舟玄孫の髙山みな子先生、 歴史作家の桐野作人先生、歴史アイドルの美甘子さんお薦めの史跡紹介も必見です!

「坂本龍馬史跡ガイド」 目次 
↑クリックすると別ページで表示されます。

平成30年11月15日発行
 編著 東京龍馬会
 監修 山村竜也
 執筆 東京龍馬会および各地龍馬会会員、
     作家、歴史研究家、御子孫ほか
 本のサイズ 四六版ページ数 248ページ
 定価 1,300円
※書店での販売は行っておりません。
  当ホームページまたは講演会会場でご購入ください。


【お詫びと訂正】 
178ページの「青山文庫」の【所在地】【交通】に
誤りがございました。 
誠に申し訳ございません。正しくは以下の通りです。 

【所在地】高知県高岡郡佐川町甲1453-1
【交通】JR土讃線「佐川」下車8分

【 購入方法および発送について 】
① 下記 「購入申込フォーム」 よりお申込ください。
② 数日以内に担当者より下記内容をメールにて連絡致します。
    ・ 本の代金(送料を含め)
    ・ 振込み先口座番号(郵便口座)
    ・ その他連絡事項
③  入金のお振込みを確認後、郵送させて頂きます。

【龍馬ガイドブック 購入申込フォーム】

タイトル (必須)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

購入冊数(必須) 1冊 1,300円(送料別)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須)

備考欄

※数日以内に担当者より代金振込みの方法等をメールにて送信致します。
※担当者よりメールが届かない場合は、お手数ですが再度お申込をお願い致します。

 ←申込内容に問題がなければ左記チェックボックスにを入れ、最後に「送信」ボタンを押してください。

未分類

「坂本龍馬史跡ガイド」 目次

目次「坂本龍馬史跡ガイド」(敬称略)
発刊にあたりまして  佐藤?員
第一章 東京・東日本編
千葉定吉道場(狩野屋敷)跡  山村竜也
千葉定吉道場(桶町)跡    山村竜也
玄武館跡           岡本万紀
士学館跡           井出窪剛
土佐藩上屋敷跡        福島真理子
土佐藩中屋敷跡        福島真理子
土佐藩下屋敷跡        福島真理子
土佐藩抱屋敷跡        修行秀樹
二十歳の龍馬像        土居通明
福井藩上屋敷跡        山村竜也
勝海舟邸(幕末期)跡     薬師寺紫
勝海舟邸(明治期)跡     高山みな子
勝海舟の墓          萩原高行
平井加尾の墓         本下眞実子
白峰駿馬の墓         本下眞実子
菅野覚兵衛の墓        本下眞実子
長岡謙吉の墓         今井達雄
板垣退助の墓         本下眞実子
山内容堂の墓         守時光暉
お龍の墓           齋藤秀一
中島信行の墓         本下眞実子
千葉佐那の墓         渡辺麻子
宝福寺            岩瀬貴美子
北海道坂本龍馬記念館     渡邊良雄

第二章 京都編
武市半平太寓居跡       今井達雄
土佐藩志士寓居跡       佐野則子
龍馬・お龍結婚式場跡     多以良利明
池田屋跡           今野香緒里
土佐藩京都藩邸跡       佐野則子
長州藩京都藩邸跡       佐野則子
薩摩藩京都藩邸跡       佐野則子
佐久?象山遭難の地      小名泰裕
小松帯刀邸跡         桐野作人
寺田屋            小名泰裕
薩摩藩伏見藩邸跡       多以良利明
中岡慎太郎寓居跡       佐野則子
酢屋             今井達雄
近江屋跡           今井達雄
坂本龍馬・中岡慎太郎の墓   今野香緒里
霊山歴史館          多以良利明
坂本龍馬・中岡慎太郎像    今井達雄

第三章 阪神・北陸編
神戸海軍操練所跡       岡部律子
勝海舟寓居・海軍塾跡     長谷吉治
海援隊大坂詰所跡       長谷吉治
三文字屋跡          長谷吉治
島村洲平の墓         長谷吉治
白峰造船所跡         長谷吉治
龍馬・お龍新婚旅行出帆の地  長谷吉治
『竜馬がゆく』執筆の地    長谷吉治
由利公正邸跡         長尾剛
莨屋旅館跡          岩瀬貴美子
福井城址           長尾剛

第四章 高知編
坂本龍馬像(桂浜)      美甘子
坂本龍馬生誕の地       ?田紀郎
龍馬の生まれたまち記念館   ?田紀郎
坂本家墓所          多以良利明
日根野道場跡         渡辺麻子
河田小龍邸跡         渡辺麻子
和霊神社           岡本万紀
脱藩の道           染野公夫
北代伊与実家跡        北代玲子
近藤長次郎生誕の地      渡辺麻子
武市半平太旧宅と墓      ?田紀郎
武市半平太邸と道場跡     ?田紀郎
武市半平太殉節の地      吉村義夫
武市半平太像         吉村義夫
中岡慎太郎生家        薬師寺紫
中岡慎太郎館         薬師寺紫
中岡慎太郎像         薬師寺紫
平井収二郎生誕の地      尾島禎
新宮馬之助生誕の地      ?田紀郎
北添佶磨生誕の地       佐野則子
後藤象二郎生誕の地      大坪信雄
岩崎弥太郎生誕の地      大坪信雄
岡田以蔵の墓         ?田紀郎
望月亀弥太の墓        ?田紀郎
吉田東洋遭難の地       修行雄大
永福寺            尾島禎
維新の門の志士像       細川幸英
高知城            多以良利明
高知城歴史博物館       ?田紀郎
青山文庫           ?田紀郎
坂本龍馬記念館        ?田紀郎
龍馬歴史館          多以良利明

第五章 広島・山口編
鞆の浦            藤井博英
いろは丸展示館        長尾剛
枡屋清右衛門宅跡       藤井博英
魚屋萬蔵宅跡         岩瀬貴美子
御手洗            佐野則子
伊藤助太夫邸跡        伊藤清美
白石正一郎邸跡        伊藤清美
巌流島            今井達雄
青春交響の塔         伊藤清美
三吉慎蔵の墓         岡部律子
薩長土連合密議の地      玉田萬理子

第六章 長崎・鹿児島編
坂本龍馬像(風頭公園)    田中克幸
龍馬通り           田中克幸
龍馬のぶーつ像        中村淳
亀山社中跡          武田弘
小曽根邸跡          岩瀬貴美子
大浦慶居宅跡         池田修
清風亭跡           加藤貴行
料亭花月           今野香緒里
土佐商会跡          川口勝
近藤長次郎の墓        岩瀬貴美子
沢村惣之丞の墓        武田弘
上野彦馬生誕の地       柴崎賀広
上野彦馬邸跡         安中淑子
龍馬新婚の旅碑        信原玲子
塩浸温泉           信原玲子
西郷隆盛邸跡         信原玲子
小松帯刀邸跡         信原玲子

執筆者一覧(執筆ページ順)
佐藤?員  東京龍馬会会長
山村竜也  東京龍馬会顧問 歴史作家
岡本万紀  東京龍馬会幹事
井手窪剛  加来耕三事務所 歴史研究家
福島真理子 東京龍馬会幹事
修行秀樹  東京龍馬会会長代行兼代表幹事
土居通明  東京龍馬会会員
薬師寺紫  伊東甲子太郎言の葉会
高山みな子 勝海舟玄孫
萩原高行  東京龍馬会会員 敬天愛人フォーラム21世話役
本下眞実子 東京龍馬会幹事
今井達雄  東京龍馬会会員
守時光暉  東京龍馬会会計監事 鎌倉幕府第十六代執権北条守時末裔
齋藤秀一  湘南海援隊世話人
渡邉麻子  東京龍馬会副代表幹事
岩瀬貴美子 東京龍馬会会員
渡邊良雄  東京龍馬会会長代行
多以良利明 東京龍馬会副会長兼龍馬タイムズ編集長
今野香雄里 東京龍馬会会員
佐野則子  東京龍馬会会員
小名泰裕  東京龍馬会会員 方谷さんを広める会
桐野作人  東京龍馬会顧問 歴史作家
岡部律子  東京龍馬会副代表幹事
長谷吉治  東京龍馬会会員 大阪龍馬会幹事
長尾剛   東京龍馬会会員 NPO法人まちづくり協会会員
美甘子   歴史アイドル
浜田紀郎  東京龍馬会幹事
染野公夫  東京龍馬会会員 八千代市千本桜会員
北代玲子  東京龍馬会幹事
吉村義夫  東京龍馬会会員
尾島禎   東京龍馬会幹事
大坪信雄  東京龍馬会会員 安芸市観光ボランティアガイドの会
修行雄大  東京龍馬会会員
細川幸英  東京龍馬会会員 坂本龍馬脱藩の道保存会名誉会員
藤井博英  東京龍馬会幹事
伊藤清美  東京龍馬会副会長兼副代表幹事
玉田萬里子 東京龍馬会幹事
田中克幸  東京龍馬会会員 長崎龍馬会会員
中村淳   長崎龍馬会会長
武田弘   長崎龍馬会大阪支部長
池田修   長崎龍馬会事務局次長
加藤貴行  長崎龍馬会主任講師
川口勝   長崎龍馬会副会長兼事務局長
柴崎賀広  長崎龍馬会会員 龍馬研究会県外幹事
安中淑子  長崎龍馬会事務局
信原玲子  東京龍馬会会員 三河龍馬会理事長

協力/生野靖道(東京龍馬会副会長)
   後藤春樹(東京龍馬会副代表幹事)

未分類