平成17年7月30日開催!日野新選組同好会と東京龍馬会の交流イベント

hinoshinsengumi
「龍馬、危機一髪!-寺田屋遭難事件顛末-」阿納裕次郎氏(東京龍馬会代表幹事) ‘05.07.30

hino-bar

7月30日(土)東京龍馬会交流の一環として「日野新撰組同好会」と「日野よさこい祭り」に参加しました。

 7月30日(土)、日野新選組同好会の7月例会にて、東京龍馬会の阿納裕次郎代表幹事が講演をおこないました。
日野新選組同好会さんからは、NPO京都龍馬会の赤尾理事長を通じて、今年5月8日開催の第8回「ひの新選組まつり」においてメインイベントとなる新選組パレードで、龍馬役となってパレードに参加する大役のお話を打診され、東京龍馬会の和田一浩さんが、一日龍馬になりきってパレードに参加した経緯があり、今回の交流イベントに至りました。

2005年7月30日(土)

7月30日(土)「日野新撰組同好会」との交流の一環として、幹事有志と「日野よさこい祭り」に参加しました。参加者7名(阿納・菊池・和田・寺石・松野・南雲・斎藤)
hino-02

全員がステージに上り、東京龍馬会の紹介をして戴き、阿納代表幹事が挨拶を述べました。

hino-03

その後市民会館3階会議室に移り、15時30分から阿納代表幹事の講演が始りました。
テーマは「龍馬危機一髪・寺田屋遭難事件の顛末」と題して、龍馬タイムズや持参した資料、更に模造刀迄持込んでの中身の濃い内容に皆、真剣に聴き入っていました。
最後は、昼食を摂った局長峯岸氏の店、池田屋で「日野新撰組同好会」と「東京龍馬会」の懇親会で、幕末談義に尽きぬ時間を惜しみつゝ、本日の交流会の終演となりました。
今回は小林正直会員に最初から最後迄お付合い戴き、大変御世話になり有難う御座居ました。
レポート:斎藤嘉嗣

コメントを残す